世界中でトイレが最も清潔な国は日本だそうです

私たちが毎日お世話になるトイレは、英語のToiletから来た外来語です。

それ以前は、大小便を排泄する場所から「便所」と呼ばれていました。

もっと昔には、川の上に掛け渡した屋の意味で 「川屋」と呼ばれていました。

現在トイレは水洗設備の進歩により屋内に作られていますが、昔は屋外に設置されていました。

毎日必ず使う便器ですが、最近は洋式便器が一般的になりました。

日本の洋式便器の蓋は、座るためにあるのではなく、誤って便器にものが落ちるのを防ぐためにあることをご存知ですか。

ユニットバスの場合は、便座が濡れるのを防ぐ役割もあります。

蓋に座って髭を剃ったり、化粧をしたりする光景を洋画のワンシーンで目にする事がありますが、日本では蓋に座ることを考慮していないため、軽く薄い材質が用いられています。

1度使うと手放せないのがウォシュレットや冬場にそのありがたみを実感する便座ウォーマー。

日本では当たり前に享受しているそれらも、海外ではあまり浸透しておらず、トラベル用品コーナーには携帯用ウォシュレットが売られているほどです。

綺麗好きな日本人の開発した便器が世界で受け入れられる日も近いでしょう。キレイモ カウンセリング

世界中でトイレが最も清潔な国は日本だそうです