結局、真面目であることが一番大事であるということ

子どもが通っている学校で、担任の先生から聞いた話です。子どものクラスの担任の先生は、去年も高校3年生を受け持っていました。去年のクラスは学年の中でも平均点が低く、先生は心配していたようです。ただし、授業の出席率や遅刻、早退などはあまり多くなかったそうです。いざ、大学受験を終わってみると、他のクラスに比べて、大学の合格率が高かったとのこと。直接関係があるかどうかは分かりませんが、最後の最後まであきらめず、学校に通い、一生懸命真面目に授業を受けた生徒は合格するということではないでしょうか。ということでした。とても興味深い話です。インターネットで少し調べたところ、どの学校でも出席率のいい学校は、試験の合格率が高いようです。毎日コツコツと努力していれば、右肩上がりに点数が上がっていき、いざという時に思いもよらないパワーが発揮されるのかもしれません。スポーツの試合でも、普段は補欠で、でも毎日部活に参加していた生徒は、いざという時にチームに貢献することができたりするといったように。やはり真面目に取り組むことが大切です。

結局、真面目であることが一番大事であるということ